血糖値を下げることの出来るお茶は意外にたくさんあるものです。

まず、なぜお茶を飲むことで血糖値を下げることができるのかというと、お茶の中に含まれてある成分『カテキン』のおかげなんです。

そう考えると、やはりカテキンが多く含まれているお茶を積極的に飲みたいですよね。

血糖値を下げるお茶のひとつが『緑茶』です。

緑茶はほかのお茶に比べるとカテキンの含有量がとても多いんです。

食後に緑茶を飲むと、カテキンの力で消化器官での吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑えることができます。

緑茶はとてもメジャーな飲み物ですよね。

ペットボトルで売られている種類も豊富で、いつでも手軽に購入できるのも嬉しい要素です。

食後には一杯の緑茶を習慣づけておきたいですね。

次に『グァバ茶』です。

グァバ茶の中には、血糖値を下げる成分『ケルセチン』が入っています。

血液をサラサラにし、血糖値を下げることにつなげることが出来ます。

これで生活習慣病である糖尿病や、肥満も防ぐことも出来るようです。

こちらのグァバ茶も、簡単に手に入れることが出来るので助かりますね。

最後に『バナバ茶』です。

あまり聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?

実際、緑茶やグァバ茶と比べると、まだまだ知名度は低いと思います。

フィリピンでは糖尿病の予防と改善、肥満の予防、高血圧の予防など、健康維持のための心強い味方になっています。

とてもあっさりとして、飲みやすいお茶なんです。

近くでの購入が難しい場合は、ネットで取り寄せるのもいいですね。

お茶は日々の生活に取り入れやすいものです。

ぜひ、習慣にしていきたいですね。

http://www.orthodox-books.org/